MyForrest モバイル
スマートフォンで悩む
私は学生時代にザウルス アイゲッティを使い始めて以来のPDAユーザーです。
その後MIザウルスを渡り歩いてLinuxザウルスへ行き、現在はVodafone702NKをメインにしています。
702NKは、なぜかキャリア側はそれに触れないのですが、今話題のスマートフォンという奴。

私の使い方はなんと言ってもスケジュール管理がメインです。
もう紙のスケジュール帳には戻れません。
702NKにPapyrusというソフトを入れて、PCとBlueToothで連携しています。

NOKIAのBlueTooth連携は有効範囲にいると自動的に接続して同期をとってくれるので、家に帰ってPCを立ち上げるだけで済んでしまいます。何かにつないだり、端末側の操作をしたりする必要が全くありません。
全自動で非常にらくちん。
バックアップさえこまめにとれれば、予備機もありますし、いざとなれば印刷して持ち歩くと言うこともできますから、いつなくしても大丈夫w
これは冗談ではなくて、私のようなフリーに近い仕事をしていると、手帳をなくすというのは大惨事ですから、非常に重要です。
ほかにも電子的なスケジューラが優れている点としては、過去や未来の予定の検索が容易なこと、月間表示の一覧性と一日表示の詳細さの両方を容易に両立できることです。
これらのことは、私の仕事では非常に重要なのです。

ただPapyrusもスケジューラとしては機能的に物足りない部分も多く、特に月間表示で予定の件名を表示できないのは私の使い方では不便です。
これは先に挙げた月間表示の一覧性ということにも密接に係わってきますし。

そんなこともあって、最近X01HTを使い始めました。
これがなかなかいいです。
以前にやはり乗り換えを検討して、W-ZERO 3を使ってみたことがあるのですが、あまりに動作が遅く不安定で全く満足できませんでした。
またPocketPC時代の印象も含めて、WindowsMobile機にはあまりいいイメージがなかったのですが、X01HTはそれを覆す出来の良さです。
動作も非常に軽快で安定しています。ZERO3と同じOSとは思えない。
これならば十分PIM機として実用になります。

ジョグをはじめとしたインターフェースも出来がよく、大きさ重さもとてもコンパクトかつ軽量。
キーボードのおかげで仕事の原稿書きや、Blogのエントリーを書くのもそこそこできます。

またHSDPA+WIFI+BlueToothと通信関係が充実しているうえに、なんと通信定額!
今はメールはGmail、巡回するサイトはほとんどGoogleReaderにまとめてあり、2chはP2を利用していますので通信手段の確保はかなり重要です。

PCとの同期も702NKのようにPCに近づくだけで・・・とはいかないのですが、USB経由での充電ができますので、充電のついでに済みますから同期をし忘れることもあまりありません。
さすがにWindowsを名乗るだけあって、フォルダの同期ができるなど、PCとの連携はかなり強力です。

かなり理想的な環境です。

スケジューラにイマイチ使いやすいのがないのが残念ですが、とりあえずいろいろ試した結果、さいすけが一番私の使い方にはあっているようです。
W-ZERO3のときは起動が遅くて使う気にならなかったさいすけですが、X01HTなら実用的な早さです。

ただ欠点もそれなりにあります。

特にSoftbankの回線を使いながら、MMSに対応していないのは非常に痛いです。
私は仕事中はほとんど外を飛び回っており、PCの前にいられるのは朝と夜、休日くらいなもの。
そのため連絡はMMSが中心となります。
これができれば702NKとの併用から、一本化も考慮するのですが・・・

またスライドキーボードは長文には威力を発揮しますが、ちょっとした入力にはかえって面倒です。
これは意外とストレスになりますね。
ちょちょっと予定を入れたいときに、いちいちスライドキーボードを出すのは面倒です。
昔は日本語手書き入力派だった(だからローマ字入力+変換が必要なPalmはダメだった)私ですが、スマートフォンではいちいちスタイラスを抜いて、というのもテンポが悪くなり却下。
とりあえず、まるちたっぷを入れて凌いでいますが、702NKのようなハードウェアテンキーが欲しくなります。
そういった意味ではTreo750vがすごく気になります。
ちょっとお高いけどね〜

今月か来月にはSoftbank版NOKIAS60の新型705NKも出てきそうで悩みます。
QVGAと使いやすそうなカメラ、ワークメモリの多さは702NKを使ってきた身からすると魅力です。
ただ804NKの時のようにアプリのインストール制限がありそうなうえに、WMの豊富なソフトウェア群と比べるとちょっとアプリが物足りないのが気になります。
スケジューラの月間表示での件名という問題もありますし。
というか、804NKと同じアプリインストール制限をかけてきたら、Papyrusすら使えないわけですが・・・
ただでさえS603rdアプリはまだまだ少ないですから。

国産のスケジューラには当たり前にある機能なのに、月間画面での件名表示ないのは、携帯の狭い画面(S60 3rdでようやく広くなりましたが)と言うこともありますが、アルファベット圏の人間には需要が薄い機能だからでしょうね。
例えば日本語なら「会議」と2文字ですむところが、英語なら[meeting]と1バイト文字であることを考えてもかなり長くなってしまいますから。
それよりはアイコンを使ったりした方が良いんでしょう。

そういった意味でも、W-ZERO3のヒットのおかげで国産アプリが非常に充実してきたWindwsMobile5環境は魅力的です。
またタッチパネルであることも、手書きメモが使えるという点で大きなアドバンテージです。
PhatPadはなかなか良いですね。

しかし、電話としての使い勝手はNOKIAの方が洗練されています。MMSの問題もありますし。
PDAとしてはX01HT or Treo750v、携帯電話としては705NK。

うーん、非常に悩ましいところです。
あと欲しいのはStowawayのBlueToothキーボード
ちょっと高いけど、これあれば702NKでもX01HTでもVAIO UXでも使えるんだよね。
特にUX最大の欠点のキーボードをカバーできるのは大きい・・・
| モバイル | comments (0) | trackbacks (0) |
ThinkOutside Bluetoothキーボード&マウス
前々から気になっていた一品。
先日、出張で名古屋へ行った際にコンプマートでパッケージ破損品が安かったので衝動買いそうになったのですが、何とかその場は踏みとどまって調べてみたらexpansysでマウスとセットで17680円で売っています!
キーボード単体でも他で買うとこれくらいの値段がしますし、マウスだけでも5,6000円すると思いますので、これは相当お買い得なんじゃないでしょうか。

ということでポチったら2日で届きました。
海外発送の割に意外と早いです。

まずはその変形ギミックに感動。
思わず「かっちょえー!」と叫びたくなります。
VAIO UXとのペアリングもあっさり完了。
うちのUXは日本語キーボード版ですが、とりあえずそのままでも普通に使えます。
一部のキーがなかったり、表記と配列が違いますが、何とかなる範囲。
こちらのエントリなどを参考にさせていただきました。
普段デスクトップPCではパンタグラフの英語キーボードを使用していることもあって、キーそのものには違和感なく使えています。
ただ変態配列にはちょっととまどいますが。
まあUXの本体キーボードで打つことに比べたら天国です、はい。

また付属のスタンドがUXにぴったり!
ACアダプター挿したままでも大丈夫。
ただ、有線LAN&ビデオOUTアダプタは無理です。
クレードルと端子共用だから仕方ないところはあるとはいえ、ホテルなんかで有線LANしか無いところだと不便しそう。

マウスの方も普通に使えています。
キーボード使っているときは本体側のポインタを使いにくいですから、かなり良い感じです。
UX本体とキーボード、マウスを全部持ち歩いてもたいていのノートパソコンよりずっと軽くてかさばらないのもいいですね。

X01HTでも使用可能。
ドライバはホームページからWM5用を
最初付属のCD-ROMからPocketPC用を入れてみましたがダメでした。

Fn+左右スペースキーでそれぞれ左右ソフトキーになります。
日本語のオンオフはよくわからないので、X01HT本体側のキーボードで切り替えることにしました。へたれです。
X01HTの内蔵キーボードも悪くないですが、両手でブラインドタッチできるStowawayにはかないません。
ただキーを打つたびにカチッカチッと打鍵音がX01HTのスピーカーからでて非常にうるさいのですが、これをオフにする方法がわかりません。
もちろんマナーモードにすれば鳴らなくなるのですが・・・

こちらも付属のスタンドでばっちり。
Stowawayを膝の上に広げて、そのうえにX01HTをおいて、とかも可能なので電車の中でも使えそうです。
さすがにUXだとちょっと重くてバランス悪くて、もし傾いて落とすと悲惨なことになりそうかも。

配列にクセがあったり、特殊な点も多いですが、キーそのものは非常に打ちやすく、また携帯性にも優れています。
ちょっと高めですが、持っていれば間違いなくVaioUXやスマートフォンの可能性を広げてくれるアイテムです。
| モバイル | comments (0) | trackbacks (1) |
Treo750vが届いたよ。
電源を入れた次の瞬間からからいじり倒すのが、正しきモバイラーのたしなみなのだそうです。
treo1.jpg

まずは日本語化。

もばちきさんのまとめや、その他便利なファイルのおかげであっという間に完了。
最初はもともと入っていたCE STARを利用して、2回目はCE STARなしでやってみましたが、どちらも問題なさそうです。
唯一の問題点は、PQzで予測変換の設定をshift+カーソルにしても効かないこと。noカーソルだと大丈夫でした。
また標準でaltを押すと記号入力用windowが出るのですが、そのあと全く入力を受け付けなくなり、リセットするしかなくなります。
標準の記号Windowは結構使いやすそうなものだったので残念です。

PQz導入

X01HTでもお世話になりましたが、Treoではますます活躍しそうです。
WinキーをCtrlに。
shift三回押しをctrlにする技もあるのですが、それだとshiftの機能とごっちゃになりやすいのと、Ctrl+Oや+PはATOKでよく使いますが、その際に押しにくいのでやめました。
ただし、なぜかドロップダウンメニューのWinを選んでもダメでAPP1でできました。なぜでしょう?
元々のWinキーででるメニューはCtrl+bar1に割り振りました。
VolumeUP,DOWNをそれぞれPageUP、DOWNに。
キーコードだと0x21、0x22、もしくはPrevious、Nextでもいけるようです。
これでブラウザでのスクロールが便利に。
ジョグがあるともっとよかったのだけど。
そのほかCtrl+各種文字キーにタスクやファイルエクスプローラEX等を割り付け。

X01HTからSIMを移植していろいろ実験。

Open接続

あっさりOK。あたりまえか。

MMS

とりあえず単文の送信まではできました。
PCからそれに長文の返信をしたら、受信はしたのですがそのメールを開こうとするとMessaging.exeがおちる。
うーん?
おまけに受信できたのは最初の一通だけで、それ以降は受信できませんでした。
これができれば・・・と言うところなのですが。


追記

MMSが最初の一通しか受信できなかったのは、間にリセットを入れたためレジストリに設定したUAが元に戻っていたせいでした。
いろいろやった結果PCから返信したものは開こうとするとMessagingが落ちてしまいます。
702NKからおくったものは、とりあえず短文はOKでした。
200文字くらいの文章+画像をTreoと702NKで相互の送信してみましたが、これはokでした。
PCから送ったものは短くてもダメです。なんでだろう。

PQzのshift+カーソルの件ですが、noカーソルにすると今度は文節の移動ができないことが判明。
要するにPQzからTreoのShiftキーはShiftと認識されていないのかな?
またOKでアプリを終了する設定にしても、機能していません。
もちろん長押しで全終了もだめ。
英国のじぃさんのblogでも同じ症状の人のコメントがありましたが、じぃさんも750v持ちでいらっしゃるのでそんなことがあればすぐ修正もしくは報告がありそうなものなので、この現象は環境に依るということなのでしょうか?
| モバイル | comments (0) | trackbacks (0) |
MMS
ずっと750vのMMS設定で格闘していたのですが、どうやら受信できているのは電話番号あてのMMSだけみたい。
702NKからも電話番号で送ると届くけど、xx@softbank.ne.jpのアドレスで送るとダウンロードが途中でエラーになってしまいます。

うーん?
やっぱり関東じゃ無理なのかな。
でもできているという人もいるみたいなんだけど。

と、おもったら702NKからおくったのは、やっぱりメアドでも届いた。
pcからのはやっぱりダメ。
beckyからのもgmailをつかったのも、最後までダウンロードできずにMessagingがおちる。
がー、わからない!

追記

いろいろ試した結果、beckyでもgmailでも、英語のみの短文なら受信できる。
日本語が入ると長さに関係なく、Messagingが落ちるみたい。
同じ内容を702NKから送ると問題なし。
うーん、日本語のエンコードが問題?
| モバイル | comments (0) | trackbacks (0) |
逆襲のX01HT
ここのところ702NKとTreo750vの2台体制だったのですが、702NKが不調なのを機にX01HTの1台体制にしました。
今まで埃をかぶっていたX01HTが復活で、702NKが引退、Treo750vがお蔵入り・・・
これはMMSliteによってX01HTでMMSをほぼ完全に扱えるようになったことが大きいです。
電話としてみれば702NKに、PIM機としてみればTreo750vに軍配が上がるのですが、1台で全部まかなえるというのは大きいですね。
Treo750vでMMSができれば一番なのですが•••

またこれを機会にアップートをして、それに伴い環境を再構築することにしました。

電話としての使用がメインになりますので、その趣旨に添ってTodayを活用するセッティングです。
PDAとして使う時はToday画面の必要性というのは全く感じないのですが、電話として考えると待ち受け画面としてTodayが重要になるためです。

その中でもメインになるのがPhoneAlarm
電話着信、不在着信、留守録の有無、未読MMS、SMSの有無などをボタンで表示するだけでなく、アラート機能が充実していて、やたら表示時間の短かく見過ごしがちな標準Notifyを補ってくれます。
BluetoothやWIFIのオンオフもできます。
また電話の音量やアラートの音量などを細かくセッティングして切り替えられるプロファイル機能も充実していて、後述しますがこれが意外と役に立ちます。

これにAviさんのスキンを組み合わせて使っています。
このPhoneAlarmとQDzMMSliteの3つはX01HTを電話として運用していく上でなくてはならない3種の神器といえるのではないでしょうか。
この3つがあれば電話としては不足なく使えると思います。

ほかにタスク管理用にDevState(タスク切り替えにはTaskManをいれているけど、現在起動しているアプリをToday上で確認するため)、予定とTODO表示用にNegiシリーズを入れています。
また時計表示にCustomClock、メモリ状態など表示用にCustomBar。
きつねこさんのスキンを使っています。
職人さんたちに感謝。
| モバイル | comments (1) | trackbacks (1) |
1/3 >>