MyForrest 見ました
スウィングガールズ見てきました
仕事と仕事の間があいていたので久しぶりに映画を見ようと、たまたまその時間にやっていたスウィングガールズを見てきました。

まずはいいところから。
クライマックスの演奏シーンは素晴らしかった!
感激のあまりちょっと泣いてしまいました。
主役の上野樹里さんをはじめとしたスウィングガールズの女の子達も熱演でした。

しかしながらクライマックスに至までの描き方があまりにも中途半端。
なんであんなにやる気のなかった彼女たちがジャズに惹かれていったのか、全く説得力がない。
もっとエピソードを削ってその辺の過程に絞って描くべきだったのでは?
ビッグバンドという目標に向かって盛り上がっていく雰囲気がぜんぜんないよ。
あと準主役の女の子ふたりの扱いも微妙。
彼女たちに触れるエピソードがないなら、残りのスウィングガールズと並列に扱って全員にスポットライトがあたるようにした方がいいと思う。
それともこれはただのアイドル映画だったの?
そうそう竹中直人と白石美保もいらないよ・・・
竹中直人の方は彼女たちと一緒にがんばって成長していくとかあれば別だけど、全然そんなんじゃないし。

なんだか中途半端、メリハリがない。
のってきたかなと思うと話がぶつっと切れる。
途中のミュージカル風のシーンはすごい良かったから、あれをもっと全体に生かすとか、ジャズのリズムを映画の流れに取り入れるとか。

絵作りはきれいだし、演奏シーンは文句なしだし、女子高生達も生き生きとしていて良いところはたくさんあるだけに・・・もったいないなぁ。

久しぶりに映画見に行ったけどやっぱり映画館は良いですね。
このスウィングガールズの演奏シーンなんかDVDで見てもこんなに感激しないだろうな。
| 見ました | comments (0) | trackbacks (0) |
は、は、ハウルの動く城
見てきました!ハウルの動く城!
いやー、ひまが出来るっていいですね。
面白かったです。とても。

私は宮崎アニメの中では魔女の宅急便、となりのトトロと並んで好きだな。この映画。
千と千尋のゴテゴテしさも、もののけ姫の押しつけがましさも苦手なんですよね。面白いんですけれども。
そういう映画を期待した向きにはあまり受けないのかもしれないけど。

いや、久しぶりに肩の力の抜けた宮崎駿作品だったんじゃないでしょうか?
キムタク悪くなかったですよ。ハウルは良かった。

動く城のシーンとか町の造形、その他いろいろなシーンで3DCGが使われているのですが、うまく処理されて他の部分と違和感がないようになっていました。
こういうのはすごい手間がかかるんでしょうね。手抜きな安っぽいCGを使ったアニメは少しは見習って欲しいものです。

私はすごく面白かったと思ったのですが、世間ではなんかあまり盛り上がってないなあ。
なんか宣伝の仕方間違っているのじゃないだろうか?
っていうかすごくやる気なさそうなんですけど?
ネタバレ禁止でもいくらでもやりようあるだろうに。

あと原作ももっと映画と絡めて宣伝していけばいいのに。
なんでだろうなあ?

呪いについてとか細かい話はネタバレ防止のため、続きを読むで。
いや、そんなたいした話は書いてないのですけど。
続きを読む>>
| 見ました | comments (0) | trackbacks (0) |
そら飛ぶ夢を見たんだ 
前から気になっていたLAST EXILEを見たのでした。
たまにテレビコマーシャルでDVDの宣伝をやっていて、そのCMがとてもかっこよかったので気になっていたのですね。
それで
公式サイトプロモーション映像見てみたらとってもいい!
ラストエグザイル気になっているという人はぜひ見てみてください。
10分くらいの映像ですがラストエグザイルの魅力がつまっています。

なんと言ってもヴァンシップという小型飛行機の飛ぶシーンがすごくいい!
スピード感があるだけでなく「空を飛んでいる感」がありありです。
空をかっとんでいくさまが最高に気持ちいい。
空中戦艦などもいいかんじで、戦艦同士の艦隊戦も海洋ものを彷彿とさせるようないい感じです。
冒頭の会戦シーンでは銃兵の戦いがすごくツボでした。
先ごめ式の銃って!
ぶつぶつつぶやくモランくんのテンパってるあの目つきもいいですね。
実は彼はとてもいいキャラです。いちばん好き。

作画も含め空中戦の描写など映像的にはとても美しい作品です。
音楽もいいですし。
でも物足りないところも多くて、それは例えばキャラクターの描き方とかストーリーの構成、演出など。
キャラの設定自体はオーソドックスですが魅力的だと思います。
でも話の中でそれをふくらませることが出来ていない。
例えばタチアナなんかは非常においしい役どころのはずなのに、最後まで冴えないままなのは残念です。
彼女がまともに活躍するのはホントに最初だけ。
もっと彼女のエースパイロット的なところ、エリート的なところを出しておいて後半の感情の揺れにつなげていけば生きてくると思うのに。
これは他のキャラクターでもいえることで、最初の設定だけであとはなんだかうやむや、なあなあで進めてしまうことが多いのが・・・

物語の進め方も演出に難があってわかりづらいこともしばしば。
またよく言われている事みたいですが、肝心のラストが駆け足で残念。
アレックスとデルフィーネの最後なんかはもっと劇的にして欲しかった。
あとディーオ。
あれならお屋敷でずっと寝てましたって方がましな気が。
あれが彼の弱さに対する報いと言うことなのだろうけど、それじゃあルシオラが報われないよなあ。
せめて最後に実はどっかで生きてて、やたらたくましくなったディーオがクラウスたちのヴァンシップに勝負を挑んでくるとか言うエンディングならわかるんだけど。

でも全体的にはなかなか面白い作品でした。
オススメ。


私はアニメはそんな見る方ではなかったんですけど、たまたま借りた(何でかいまだにわからないけど)少女革命ウテナにドカーンとやられたのでした。
そのあとはカウボーイビバップなんか見たあとはご無沙汰していたのですが、バンダイチャンネルというネット上のストリーミングでアニメが見られるところを発見してそこにあるのを最近はメインに見てます。
バンダイだけあってガンダムものも充実しているのですが、最近はそれ以外もなかなか面白いものがあっていい感じです。
私が見た中で面白かったのは「無限のリヴァイアス」「エスカフローネ」「.hack」あたりかな。
アニメって気になるのがあってもDVDとかめちゃくちゃ高くて買えないし(だってそうでしょう?まだ見てないから面白いかどうかもわからないんですから)、レンタルもおいてないことが多いので(遠くの大きなビデオ屋に借りに行くのめんどいし)このストリーミングはどんどん広まって欲しいです。

アニメのDVDってホント高いよね。
それでも買うコアなファン層がいるってのはわかるんだけど、それだけだと市場が広がっていかないでしょ。
テレビ放送も深夜とか非メジャーな放送局とかだし、もうちょっと気軽に買える値段にするとかして外に広げていかないと、結局自分たちの首を絞めるだけだと思うんだけどどうなんでしょう?

つぎはラストエグザイルっぽそうな「青の六号」でもみてみようかな。
なんかオススメのアニメあったら教えてください。
どうも情報とかには疎いので。

最近はSONY COCOON EX-9などという便利なものを買ってしまったので、リアルタイムで放送しているものもぼちぼち見ています。
今やってるのでは「厳窟王」がいいかんじ。
わたしはエアチェックとか毎週同じ日の同じ時間に番組を見るとか不可能な人間なのでリアルタイムではまったく見てなかったのですが、このコクーンはとても便利。
なにせ勝手にとってくれるんですから。あまり頭よくはないけどね。
このコクーンもオススメ。
スゴ録とかPSXとかよりも絶対いいです。
DVDなんて飾りです!

補足そく
ディーオのその後ですが公式サイトにあるDVD最終巻のジャケット画像を見たら・・・ディーオいるじゃん。
どうやらわたしの望みに近い展開?
でもこれを話の中で書けなかったのはやっぱりよくないこと。
| 見ました | comments (0) | trackbacks (1) |
妖しい流し目 <青の6号>
青の6号見てみた。
キャラクターデザインが村田蓮爾さんで同じなだけじゃなくて監督も同じだったのね。
しかも前のエントリーで今面白いと言った厳窟王もこの人じゃないですか。
やあ無知って怖いですね。

こちらもなかなか。
全四話でちょっと短いけど、さすが同じ監督だけあってラストエグザイル的なスピード感と冒険心あふれる作品。
テーマ的にもかなり近い。
単に空>海と言うだけじゃなくて、人工的な環境の構築とか。
やっぱりラスト弱いのも。
ゾーンダイクがちょっとなあ。

厳窟王はこの監督さんかあ。
確かに独特のスピード感やビジュアルの華麗さは同じかも。
でも厳窟王は人間模様が見所の作品だしどうなるか楽しみだなあ。
ラスト・・・がちょっと心配だけど。

キャラクターデザインは村田さんだけじゃなくて草琢仁さん(字がでないよ・・・)も加わっています。
人間が村田さんで獣人が草さんなのかな。
村田さんのキャラも魅力ですが、草琢仁さんの書く境界線上の人ならざるものは最高ですね。
切なく、妖しく、儚く
で結構たくましかったり。
それだけに3話でミーティオが突然普通のアニメ顔になっちゃったのが・・・
あの妖しい目がぁ
流し目がぁ
うう
草琢仁さん最近は何かお仕事されてるのかな?
上海丐人賊(これまた変換泣かせな)は続きでないんですか・・うぅ

補足
ラストエグザイルの監督と青の六号、厳窟王の監督は違うみたいです。
と言うか違います。
GONZOっていうのは制作会社の名前で人名じゃないんですよ。
知ってました?
ばかって怖いですね。

草琢仁さんはやっぱりGONZOのサムライ7というアニメのキャラクターデザインをしているようです。
見る限り草さんぽくないなかんじだけど・・・
こちらは7人の侍、向こうは厳窟王か。
どちらもエンターテイメントのお手本な古典だと思うので、見る方も作る方も勉強になっていいかも。
| 見ました | comments (0) | trackbacks (13) |
ガングレイブ!
前から評判を聞いて興味のあったガングレイブがBANDAI CHANNELで配信開始されたので、さっそく見た。

正直なところ、見る前は銃をばんばん撃ちまくるだけの今流行のありがちな「スタイリッシュ」なガンアクションものだろうと思ってそんなに期待していませんでした。
実際、1話目を見たときには全くピンとこずにがっかりしました。

ところが・・・

2話目を見て愕然としました。
目の覚めるような面白さです。
そしてこの作品の見どころはガンアクションなどではなかったのです。
これは男と男の友情と野心と別離を描いた、マフィアものだったのです。
しかも王道の。

マフィアものというのは別に比喩でも何でもなくて、1話目の主人公(なんかダサイカッコしている)と怪物(これまたダサイ)の退屈なアクションを見せられたあと、2話目から主人公の過去の話になります。
そこから始まるのはブランドン・ヒートとハリー・マクドゥエルという二人の男の若き日の物語。
町でチンピラとして仲間と馬鹿なことをしながらも自由に暮らしていた二人。
ある事件をきっかけに仲間を殺され、自分たちの無力さを思い知らされる。

もっと力がほしい、もっと自由であるために・・・

ハリーは街の組織ミレニオンに入り、上を目指す。
ブランドンもハリーとともに組織に入り、ハリーの夢をともに叶えることを願う。

そして月日は流れ・・・

彼らは組織の幹部に昇り詰める。新進気鋭の若きリーダーとして、また最強の殺し屋として。

夢まであとわずかで届くと言うところまで来て、しかし何かが狂いはじめ・・・

そしてハリーはついにブランドンを・・・

ここまでの展開はまさに王道なギャングものです。
ですが、すぐれた演出でぐいぐいと引き込まれていきます。
ほとんど女性の出てこない男くさい硬派な展開。
熱いです。

ストーリーは再び1話目へと回帰し、文字通り「再生」したビヨンド・ザ・グレイブ(ダサイ名前・・・)ことブランドン・ヒートとミレニオンのボスにのし上がったハリー・マクドゥエルの闘いになるのですが・・・
このあたりははっきり言ってつまらない。
オーグマンはダサイ、スペリオールはもっとダサイ。
何より肝心のガンアクションがしょぼい。
足とめて曲撃ちみたいなヘンなポーズでバンバン撃つだけ。
美しくない・・・
2丁拳銃持たせりゃ誰でもジョン・ウーになれるわけじゃないよ・・・
またスペリーオール化した幹部と一人ずつ対決するという流れも非常に不自然かつ退屈。
それまであった人間同士のドラマの要素が皆無で中身のないアクションに終始している。
せっかくのそれまでの良さが台無し。
ボブとリーの扱いはちょっとかわいそう。

でも。
ベア・ウォーケンの回から再び調子が上がってくる
ベアとシド・ガラルデのエピソードを絡めた演出は見事。
そして、ラストに向かって物語は、いよいよ熱を帯び。
そして、最終回。
再びめぐりあうブランドンとハリー。
ブランドンの最後の言葉に、私は・・・
思わず泣いてしまいました。
美しい、いいラストだ。


オーグマンやらスペリオールやらのいかにもアニメなSF設定ははっきり言って邪魔だ。
これがなく、生身の人間のドラマを徹底することが出来ていれば最高の作品になれたのに・・・
もしくはアクションがもうちょっとよければ・・・
オーグマンとかの設定に関してはゲームとのメディアミックス作品と言うことで仕方ないか。
それにSFやファンタジー要素のないギャングものなんて作らせてもらえなさそうだし。

ところでグレイブが持ってたのは棺桶だったのか・・・
ベアに言われるまでわからなかった。
全然棺桶っぽくないし。なんかサポートメカみたいなものだと思ってた。

17話〜23話までの展開に関しては確かに不満もあるのですが、それでもこの作品は今まで見た中でも最も面白いアニメのひとつです。
男達の熱い、熱い生きざま。
とてもいい。
これはいい作品です。
| 見ました | comments (4) | trackbacks (11) |
1/3 >>