MyForrest
<< 春香さん その2 | Main | ボトルネックの舞台紹介 >>
春香さん!誕生日おめでとうございます その3
余裕を持って数日前から準備を始めたはずなのに、間に合うか微妙になってきた・・・
数が多すぎたなあ。
でもがんばる。春香さんのために。

その1その2からの続きになります。

今回紹介する作品はかなりバリエーションに富んでいます。
実写あり、落語あり、今回は紹介していませんが熊春香ありと、アイマスMADの世界の広がりを表していると思います。
そしてそれを受け入れる春香さんの強さ。



彩都P、iMSC参加作品。
Caccaとはうまいw
純愛の持つ光とその影の狂気。
ここまで陰影のはっきりした表現は、他のキャラではありえない春香の魅力ですね。
愛憎を描いてもドロドロしすぎないところも、人徳かもしれません。
サムネの天使姿が神々しいです。


かみたP。
か、かわいい・・・
サムネの手書き部分ももちろんですが、ダンス部分でも春香さんのポジティブなかわいさが全開です。
ありすえ装備もあるよ!


akasabiP
かわいい春香さんもう一丁!
全力でアイドルしてます。
これはクセになる。


頭文字P。
Nizy TribeのPVMADに痛車ペイントで有名なForza2を合わせたもの。
華麗なる閣下カーの数々とノリのいいダンスでスピード感あふれる仕上がり。
kskする高速コメも名物です。


あど・・HarukaP。
リッチャンハ、カワイイデスヨで有名なあどびさんの作品は独特の世界観を持ちますが、そのあどび世界の中でも春香は大きな存在感を持ちます。
そしてそれは、作を重ねるごとに大きくなっているように思います。


メカP。
らぶちーリスペクトな、春香と美希の両ヒロインそろい踏み。
全体としては疾走感にあふれながら、緩急の使い方がとてもうまくて心地よいグルーヴ感です。
特にキリッとする春香さんがメチャかわいい。
アピールや思い出スロットの使い方も完璧!
ありすえ装備などのネタもいっぱいで、見てて楽しい気持ちになります。


オーキドP。
NHK教育の番組風に春香ちゃんパペットを作っていく・・・はずが、なぜか作業が進まない。
この教育番組のお姉さんポジションは春香にとっても合ってます。
・・・これ続きないのかな?


参遊亭P。
まさかの落語w
古典な話にうまくアイマスのキャラをマッチさせています。
アイマスの懐はどれだけ広いんだ。
前作や続編もオススメです。


シラカワP。
白と黒、春香さんの両側面をフィーチャーした、時雨Pの作品へのリスペクト。
リスペクト先と合わせてみることをオススメします。
エフェクト、編集がとても美しく、印象的です。
これの今はなきステ6版が素晴らしかったのですが・・・


がぶ呑み氏。
執念の瞳塗りつぶし再び。
白と黒の邂逅。
相変わらずシンプルなのに、惹きつけられる。
これは特に表情の選択が素晴らしい。
春香さん、どうかそんな切ない目をしないで・・・
がぶ呑みさんはダバァとかネタのイメージも強いですが、実際ネタも強烈なのですが、そのガチ作品には独特の奥深い味わいがあります。
見て回る価値はありますよ!


ななななな〜P。
これも見るたびにタイトルが変わってるw
上のタイトルは誕生日記念のタイトルですね。
最初はあれっと思うかもしれませんが・・・
昨年の春香さんが無個性>黒閣下>白>等身大の女の子という流れなら、今年のトレンド?はなんと言っても中村先生の台頭でしょう!
う〜、わっほいっ!の破壊力は異常です。
わっほい動画は数あれど、私のお薦めはこれです。
なx5〜Pの描く春香は本当にかわいい。

ところでMASTERBOOKに乗ってたインタビューによると、中村先生は危うく声優選考オーディションに落ちるところだったらしいですね。
今では中村先生以外の春香さんなんて考えられませんが・・・


矢夜雨P。
わっほいと共に中村フィーバーを巻き起こしたこの曲、いろんなPが良い動画をアップしてくれていますが、カメラ固定の使い方が面白いこちらを。
ヤンデレ電波ソングをここまで明るくかわいく歌いこなせる、中村先生#1・・・
まったく繪里子は天才だぜ・・・
ことしは中村繪里子さん躍進の年になるでしょうか。


ゆうゆうP。
電子感の強い曲に合ったエフェクトが気持ちいい。
あまり使われない衣装にアクセサリですが、曲にマッチしていて春香さんをかわいく見せていますね。
キラキラ光る春香さんも素敵です。


手書きでアニメ作ったり、バレンタインに全キャラ動画作ったりとここのところノリノリな、ちっぷP作品。
春香EDをテーマにした、切なくて暖かい作品です。
表情が何ともたまりません。
ちっぷPの描く乙女心は素晴らしいなあ。
コメントの壊れ具合もほほえましい・・・のか?



以上、長々と続けてきた紹介も終わりです。
全部で44作品。
春香メインの作品だけでこれだけですから、いかに多いか・・・
これは私の中での春香さんの比重が大きいことを表しているだけでなく、多くの人が春香さんを愛し素晴らしい作品を数多く生み出していると言うことを示しているのではないでしょうか?

白と黒、光と影は互いをひきたたせ、それによってアイドル天海春香の魅力を最大限に引き出しています。
ですが、白とか黒とか言うのはアイドルとしての彼女の一側面に過ぎません。

そして一歩ステージを降りれば、そこにいるのは天然で、ドジで、明るくて元気で、時折落ち込んだりもするけれど、前向きで、お菓子作りが好きで・・・
そんな普通の女の子。
そしてそれはどこにでもいそうで、現実にはいない、でもこうあって欲しいという理想の女の子像なのではないでしょうか。

無個性などと揶揄されたのも、理想的でありすぎるからのように思います。
でも、だからこそ彼女は見る角度によってさまざまな色の輝きを見せてくれるのです。
角度によりどんな色にでも輝くことができる、アイドルの中のアイドル、それが天海春香。

光を浴びて七色に輝く、限りなく透明なダイアモンド。
それが私の春香さんのイメージです。
これからもいろんなプロデューサーのさまざまな光を受けて、
新たな輝きを見せてくれると思います。


長々と続けてきた割りにはどうでもいい結論になってしまいましたが、これで私の誕生祭は終わりにしたいと思います。
最後になりましたが、アイドルマスターに関わった全ての人と素晴らしい動画を見せてくれた全てのPに感謝を。
| アイドルマスター | comments (5) | trackbacks (0) |
コメント
ショコラ | 2008/04/04 03:37 AM
初めまして。動画紹介お疲れさまです。

春香さんは確かに透明ですね。いろんなプロデューサーに照らされる事によって様々な色を見せてくれるキャラだと思います。
そしてヤッホー!は本当に名作…ループさせた時の歌詞が反則すぎてもう言葉が出ない…
「見てる奴らも微笑んでるんだろうなぁ」というような事を感じさせるコメントも大好きです。


この祭りで『i』が紹介されている事には少し驚いたと共に凄く納得。
whoPファンの1人としてそういう気持ちを感じてくれてる人がいるというのはとても嬉しいです。
whoP好きの仲間がここにもいたー的なw
あの人の美希愛はとても他人じゃ計りきれないほどに突き抜けてますが、
だからといって他のキャラへの想いが少ないわけじゃないよ〜と伝えたいですね。

1/7のエントリも拝見しました。whoPの愛は伝染しますね、確実に。
しかも伝染の速度や深さが半端じゃない。
文字通り美希という存在を全力でプロデュースしてる素晴らしいプロデューサーだと思います。
そしてmikazukiさんの文章もそれを再認識させてくれる素晴らしい文章だと思います。

見る専祭り参加GJでした!
mikazuki | 2008/04/04 11:31 PM
初めまして、ショコラさん。
紹介読んでくれてありがとうございます。
書いているうちにとりとめもなくなってしまって、こんなの最後まで読んでくれる人がいるのか不安でした。
コメント嬉しいです。

ショコラさんもWhoPファンですか!
WhoPの動画素晴らしいですよね。
見る側のハートに伝わってくるものがあるというか。
「i」を混ぜて狡猾に宣伝・・・というわけではなくて、春香さんというとWhoPのiの春香と美希の応援合戦が頭に浮かんで来ちゃうんです。
mikazuki | 2008/04/05 05:43 PM
追記

WhoPのブログで浮気騒動に関する記事の中で、「i」について私が感じているのと同じ事を語ってくれていました。
なんだか嬉しい。
ショコラ | 2008/04/09 09:20 PM
whoPは時雨P作品への感想でこうも言ってますね。


>Pの思惑など超えて、彼女自身の感情さえも超えて、「ファンの光」に照らされてその魅力を変え、輝きを増してゆく宝石。それがアイドル・天海春香だから。


私達見る側の視点からは「プロデューサーの光」という表現をして、
whoPのようなP側の視点からは「ファンの光」という表現をして、
その他は全くと言っていいほど同じ。この対比なかなか面白いですね。

両方その通りなんだろうなぁと感じました。
むしろファンの中の1人としてプロデューサーも存在するのでしょう。
「関わっている全ての人達の光」に照らされて輝いてる春香は、
まさに天性のアイドルだと思います。
mikazuki | 2008/04/10 01:11 AM
なるほど。

確かに面白いですね。
そして全力でプロデューサーしているWhoPらしいなあ、とも思います。
トラックバック :
http://myforrest.x0.com/sb/sb.cgi/126