MyForrest
破は破壊の破 エヴァンゲリヲン新劇場版:破をみてきた
早速みてきました。
公開初日に映画見るとか、ものすごく久しぶり。
それだけ期待していたわけですが。

結論から言うと面白かった。
序盤こそ物足りなかったけれど、これは序の時も同じ。
わざとああいう展開なのでしょう。

その後は衝撃の展開の連続。
やっぱり序はプロローグに過ぎなかったんですね。

今さら私に言われなくてもみんな見に行くでしょうが、これは見るべきです!

ネタバレ関係は続きで。
続きを読む>>
| 見ました | comments (0) | trackbacks (0) |
Angel+Dive 1〜3


いろいろなところでいい評判を聞いていたので読んでみた。

十文字青の作品は薔薇のマリアの1巻を読んだことがあっただけだったので、とても驚いた。
薔薇のマリア1は確かにいいものは感じたが、あまりにも突っ走りすぎていてちょっとついて行けなかった。
当時多かった若さの勢いで突っ走る作品の一つに思っていた。

しかし、これはどうだ。
落ち着いた静かな語り口。
地に足のついた描写。
確かな、そしてキャラごとのかき分けの巧みな内面描写。
安易さをまったく感じさせない。

素晴らしい。
こんな作品の描ける人だったとは。

すみません、十文字青なめてました。

あらすじだけ見ると異能バトルものみたいだが、ほとんどバトルは出てこない。
むしろ各登場人物の心情の変化を、降り積もる雪のように淡々と積み重ねているのが非常に印象的。

ラストの展開は確かに驚きだが、ちょっとそれまでの流れからすると唐突な感じもする。
1巻2巻で話の中心だった、トワコや真鳥姉妹、黒雪と言った面々が次々とフェードアウト。
夏彦も先が見えないまま、急速に春と桜慈が話の中心に。
うーん。
今後語られることかもしれないが、ちょっと消化不良な感じがする。

ところで1巻の夏彦視点の部分を読んでいて思い出したのは中村恵里加のソウル・アンダーテイカー
淡々と白い心理描写、あまりに無垢な主人公。
静かな狂気と現実の残酷さ。
悲しい優しさ。
そのあたりが似ているのかも。
二人とも欠損を抱えているのだけど、夏彦が感情面が欠けているのに対し、ソウル・アンダーテイカーのヒロは知能面が欠けているのは大きな違いだけど。
ソウル・アンダーテイカーも奇跡の作だと思うけど、続きは読めないだろうなあ。

どうでもいい話だけど、ソウル・アンダーテイカーの話をするときによくヒロがバカって言われるんだけど、なんかつらい。
そこらの人間が、あの子をバカって言っちゃいけないと思うんだ。

| 読みました > ライト・ノベル | comments (0) | trackbacks (0) |
今月はすごい月だった
今月はすごい月だ。

清水マリコと米沢穂信と桑島由一の新刊が立て続けに出るのである。
これで桜沢洋の新刊でも出れば完璧だった。
幻の2008夏・・・

しかも19日にはIDOLM@STER SPも出た。
私はアイマスに貢ぐとか、そんな恥ずかしいことはしないので、特典はないけど安いAmazonで買った。
もちろん3本とも買った。
PSPもFW1.2とかの頃に買った初代PSPしかなかったので、アイマス用に3000を新しく買った。ジルオールも出るし。たぶんやらないけど。
アイマスSP3本とPSP本体買っても、たかだか三万ちょっと。
XBOX360本体と同じくらいである。
アイマスも安く出来るようになったなあ。

冗談はさておき、敷居がぐっと低くなったのは確か。
これでアイドルマスターがπタッチやPV、ノベルゲーム的に女の子達とキャッキャウフフするためのゲームじゃないってことが、広くわかってもらえるんじゃないだろうか。
こればっかは口で説明してもわかんないんだよね。
ストーリーモードのおかげでよりADV的な色が多少強くなったとは言え、基本的に必要最低限しか描かないゲームです。
妄想力が試されるゲームですよ。
行間を読む楽しみ方が出来ないときついかも。
| - | comments (0) | trackbacks (0) |
電撃文庫新刊感想とか
このところ久しぶりに本を読めている。
特にライトノベルを結構読んだのは、久々。
せっかくなので風化しないうちに感想を。
電撃の新刊から。

ガンパレード・マーチ 九州奪還〈0〉萩 幽霊戦線 (電撃文庫)ガンパレード・マーチ 九州奪還〈0〉萩 幽霊戦線 (電撃文庫)
榊 涼介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんというか、安パイすぎる。
出たら真っ先に買うもんね。
山口防衛と、九州奪還の間を補完する短編集・・・のはずだけど、あまりにもナチュラルすぎて、さて続きは?と思ってしまった。
補完とは言ってもキャラクターに焦点を当ててるわけでもなく、むしろ戦略的、政治的な穴埋めなので小説としては物足りなさが残る。
とうか、これだけ出されても困る。続きが読みたくなるじゃないか。
前巻の感想で、榊涼介にはライトノベル以外での活躍も・・・と書いたけれど、むしろライトノベルでオリジナルの現代戦架空戦記物を書いて欲しい気もしてきた。

パララバ―Parallel lovers (電撃文庫)パララバ―Parallel lovers (電撃文庫)
静月 遠火


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新人賞作品。
タイムリープっぽいと聞いて買ってきた。
なるほど、後書きで作者本人もタイムリープに対するリスペクトを述べている。

恋人が死んでしまった世界の自分と、自分が死んでしまった世界の恋人が、世界を超えてつながってしまった携帯電話で情報を交換して自分を、恋人を殺した犯人を捜し出す。
平行世界を利用したの謎解きの仕方はたしかにタイムリープっぽい。
ただ、ロジカルな謎解きの部分ではタイムリープの精緻さには及ばない印象。
あっと驚く真相もなし、平行世界を利用した仕掛けもちょっと弱い、探偵役かと思われたのラメルさんの存在感も中途半端で、ミステリっぽくするためのミステリというか、がんばって丁寧にやってあるだけに作り物っぽさが目立つ。
割と真相、犯人丸わかりなので、読み解く楽しさはない。
タイムリープの理系っぽさを期待するとがっかりすると思う。
しかしそれを補ってあまりある、主人公の切ない感情描写の良さは武器ではないだろうか。
結び方も悪くなかったので、むしろそこへ向かって切なさ、喪失感を盛り上げていく構成にした方が良かったのではないだろうか。
中途半端な謎解きに足を引っ張られている感がある。
キャラクターをもっと中心に据えて描いた方が良かったのではないだろうか。
全体的に物足りなさもあるが、恋する女の子の描き方はとても好感を覚えた。
文章も書き慣れた感じで、読みやすい。
文系的な要素はとてもいい。
まあ、高畑京一郎だってデビュー作は微妙なところも多かったし、今後に期待。

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
川原 礫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

電撃大賞受賞作。
これも評判がいいので買・・・と思ったが、どこにも売っていない。
軒並み売り切れである。
アマゾンも品切れ。
よっぽど売れてるのか、それとも初版が少なかったのか。
たまたま降りた与野本町駅の書店で置いてあったので何とか買えた。

んー。
それなりに面白い。
設定はありがちだけど、展開も超ありがちだけど。
会話シーンにしても、戦闘シーンにしても、恋愛?関係のドキドキシーンにしてもよく描けてる。
だからすいすい読めるし、楽しめる。
1時間くらいで読み終わるし。
私は本読むの遅いので、こんなに早く読み終わったのはすごく久しぶりだわ。

だけどなー。
なんか気持ち悪い。

主人公がいじめられっ子から、唯一得意なゲームの才能でカムバック!っていうのはいいよ?
でもそのいじめられっ子ぶりが、中途半端。
ネバーエンディングストーリーか。
その後のモテっぷりも不可解すぎる。
ねーよ。

展開はご都合主義丸出しで、まあご都合主義自体は否定しないけれど、もうちょっと自然に見せる努力はしようよ。
かといって様式美なわけでもない。
とにかく主人公に都合のいいように展開する。
ラストバトルとか、ひどい。タッくん憐れすぎる。

読み終わってもページがやたら余っているので不思議に思っていたが、めくってみてびっくり!
そう、川上稔の解説が超濃くて、むしろ本編?・・・じゃなくて。

ソードアート・オンライン電撃文庫より刊行・・・
そうか、この感覚どっかで覚えがあると思ったら、この作者はソードアート・オンラインの作者だったのか。
ソードアート・オンラインはオンライン小説の分野では人気作らしくて、私もある人に勧められて読んだことがある。
で、勧めてくれた人やファンの方には申し訳ないのだけど、私は大嫌いなのだ。
失礼な言い方を承知で言うと、きもい。
小説なんて所詮、妄想、欲望充足、ライトノベルなんて少年版ハーレクインという方もいるだろうが、私としてはもうちょっと恥じらいというか、プライドが欲しい。
ソードアート・オンラインとか、福音の少年とか(私が読んだのはエヴァ2次創作版だけど)とか、露骨すぎて私はダメ。

そういうわけで、このアクセル・ワールドも私にはあわない作品だ。
| 読みました > ライト・ノベル | comments (2) | trackbacks (0) |
Windows7入れてみた
Phenom940BE導入の勢いのまま、Winodws7betaを入れてみました。
しかも64bit版。

軽い!
まだ何も入れていないクリーンな状態なのもあるでしょうが、それにしてもこのサクサク感はすごい。
Phenom940入れてVistaも軽くなった!と思っていましたが、Windows7の軽さはさすがに格が違った。

Vistaはいろいろいわれていますが、私は好きだったんです。
細かいところに気が利いていて、慣れさえすればとても快適でした。
それにとても安定していた。
ソフトウェア由来のフリーズは皆無でした。
ちょっと重かったけど・・・
コピーはSP1でだいぶ軽くなったけど、右クリックメニューが遅かったのでした。

Windows7はそういったこともなく、Vistaのいいところを受け継いだまま軽くなっています。
ウィンドウやタスクバー関係の新しい表示もとても使いやすい。

もうちょっとテストしてみて問題なければメインに移行しようかな。

・・・これをVistaSP3などとして出せなかったんでしょうか?
去年Vista買った人とか泣くよ?
| 雑記 | comments (0) | trackbacks (0) |
1/29 >>